【重要】10月29日(日)に予定しておりました、第30回 勉強会は台風のため延期となりました。変更日については、後日ご案内致します。 

 

第30回 勉強会 10月29日(日)

 

Ⅰ講演名:

「精神科医が目指す統合医療とは

 

人の心を知る医者になろうと精神科を志しましたが、心の病気の手ごわさにときに医師として無力感を覚えることもありました。
開業し、がんの患者さんのための心理療法、サイモントン療法を実践しています。また断捨離の講演会を企画しました。
昨年から休職している方のためのデイケアを始め、マインドフルネスを取り入れています。今回は精神科医の立場で展開する統合医療とは何かということをお話しさせていただきたいと思います。

講 師:中村 究 先生 

(精神科医、医療法人聖心会理事長、中村クリニック院長)

 

Ⅱ講演名:

『ナチュラルハイジーンについて』

 

「ドキュメンタリー映画『フォークスオーバーナイブス』に出演された医師や科学者らが講義されるカリフォルニアでのプラントベース栄養学学会に参加する機縁をいただきました。そのご報告を兼ねてアメリカ最新の栄養学をご紹介したいと思います。」
講演内容は主に、「プラントベース栄養学とは何か」「プラントベース&ホールフードの食事指導がもたらす健康効果とはどのようなものか」「プラントベース栄養学を治療の主軸に据えるヘルスケアはどのように行なえばよいのか」「低脂肪でSOS Free (砂糖・油・塩なし)で、しかもおいしいプラントベースでホールフードの食事はどのように用意したらよいのか」などです。

 

講 師峯田 清隆 先生

(医療法人峯田歯科 院長)

 

◆日 時    2017年1029日(日) 

◆開 場    13:00

◆講演・質疑   13:30~15:30

◆会 場    宮崎市清水3丁目6-21   宮崎中央眼科病院 2階研修

◆参加費    500円 (会員参加費無料。会員募集中:【年会費】一般1000円、医療系2000)

◆定 員     50名位まで

 

FAX(0986-52-1011)宮崎統合医療研究会事務局に、お申し込み下さい。

お問合せ:

宮崎統合医療研究会事務局 都城東高等学校 坂元・野口

TEL:0986-52-1010 FAX:0986-52-1011

 

 

統合医療第29回勉強会チラシ
統合医療第30回勉強会チラシ.pdf
PDFファイル 401.3 KB

参加者募集中!

第29回 勉強会 6月25日(日)

 

Ⅰ講演名:

「健康長寿社会の実現とロコモ予防

 

「健康とは何ですか?」と尋ねられたとき、あなたならどのように答えますか。超高齢社会を迎えた今、人々は高齢になってもできる限り“健康”で“自立”した生活を過ごしたいと願います。そのような健康長寿社会の実現に向け、宮崎大学で取り組んでいるロコモティブシンドローム予防の活動を紹介したいと思います。

ロコモ認知度の全国調査で、宮崎県は日本一を達成しています。健康とは何か、ロコモ予防の現状と課題について、みなさんと一緒に考えたいと思います

 

講 師:鶴田 来美 先生 

(宮崎大学医学部看護学科教授)

 

Ⅱ講演名:

『私の「老い、衰え」対策』

 

年老いても心身共に健康であるために・・・。このことは、誰でもが望んでいることです。私は、第一番目に年老いても感じる、考える、感動することで脳を常に刺激すること。第二番目に身体を動かすことで筋力をつけ、関節を柔軟にすることだと考えています。また一方では、食べて、寝て、排泄する日常生活を楽しむことも必要です。このことについて日頃からホームホスピスで実践していることをお話してみたいと思います。

 

講 師久保野 イツ子 先生

(認定NPO法人ホームホスピス宮崎副理事長 前九保大総合医療専門学校副校長)

 

◆日 時    2017年625日(日) 

◆開 場    13:00

◆講演・質疑   13:30~15:30

◆会 場    宮崎市清水3丁目6-21   宮崎中央眼科病院 2階研修

◆参加費    500円 (会員参加費無料。会員募集中:【年会費】一般1000円、医療系2000)

◆定 員     50名位まで

 

FAX(0986-52-1011)宮崎統合医療研究会事務局に、お申し込み下さい。

お問合せ:

宮崎統合医療研究会事務局 都城東高等学校 坂元・野口

TEL:0986-52-1010 FAX:0986-52-1011

 

 

統合医療第29回勉強会チラシ
統合医療第29回勉強会チラシ.pdf
PDFファイル 815.1 KB

第28回 勉強会 2月26日(日)

 

Ⅰ講演名:

鹿児島療院における自然治癒力を活用した

健康増進の取り組み」

 

鹿児島療院では、岡田式健康法を活用した健康増進を推進しています。岡田式浄化療法は、自然力を活用する生体エネルギー療法の一種(アメリカ国立衛生研究所の分類)であり、人間に本来備わる自然治癒力を高め、体内の毒素(老廃物)排泄を促すものです。さらに自然尊重の食事法、心の健康を高める美術文化法によって、心と身体の健康づくりを進めています。

 

講 師:江副 健一 先生 

(光輪会鹿児島クリニック看護師・浄化療法専任療法士・講師)

 

Ⅱ講演名:

「生命の輝きをとりもどすマナーズサウンド」(特殊音響振動療法)

 

私たちの臓器や器官の細胞が正常(健康)なときには、それぞれに固有の特定の振動数(周波数)があります。ところが,何らかの理由でこの振動が乱れると,正しい働きができずに病気や不調を引き起こすことがあります。この乱れた振動を正しく調整するために用いるのが特殊音響(マナーズサウンド)です。体の正常な機能や自然治癒力を回復させる療法として世界保健機関(WHO)にも認められています。

 

講 師徳永さえの 先生

(WHO公認サイマティックスドクター)

 

◆日 時    2012月26日(日) 

◆開 場    13:00

◆講演・質疑   13:30~15:30

◆会 場    宮崎市清水3丁目6-21   宮崎中央眼科病院 2階研修

◆参加費    500円 (会員参加費無料。会員募集中:【年会費】一般1000円、医療系2000)

◆定 員     50名位まで

 

FAX(0986-52-1011)宮崎統合医療研究会事務局に、お申し込み下さい。

お問合せ:

宮崎統合医療研究会事務局 都城東高等学校 坂元・野口

TEL:0986-52-1010 FAX:0986-52-1011

 

 

統合医療第28回勉強会チラシ.pdf
PDFファイル 460.8 KB

第27回 勉強会 11月27日(日)

 

Ⅰ講演名:ストレスとうまく付き合おう

 

平成27年12月1日からストレスチェックテストの実施が義務化されました。従来、労働者のストレスに長時間労働の過重労働が関与しているという観点から過重労働対策が進められていました。しかしながら、長時間労働への対策のみではメンタルヘルス疾患の発症を防ぐことができないことから、労働の質や職場における人間関係などのサポート力や家庭でのサポートなど総合的な対策が必要となってきました。
今回はストレスが体と心にどのような影響を及ぼすのか、そしてストレスへの上手な対応法について一緒に学びたいと思います。

 

講 師: 江藤 敏治 先生 

(医師・医学博士 宮崎県立看護大学・大学院教授、

日本労働安全衛生コンサルタント会宮崎支部理事、宮崎県医師会産業医部会理事

 

Ⅱ講演名:「マイナス感情をプラスに変える花療法」

 

自然療法にもいろいろあり、その中の植物療法とは、アロマやハーブ、園芸、森林浴など植物の力を用いて自然治癒力や免疫力を高める療法です。今回は、その中でもあまり知られていない、花のエネルギーを用いたフラワーエッセンスのお話をさせていただきます。ストレスの多い現代社会で、怒りや悲しみ、不安、自信のなさなどマイナス感情を癒してくれるバッチフラワーレメディ。 赤ちゃんから妊婦さんや、お薬を飲んでる方にも併用して使える安心、安全でシンプルなフラワーエッセンスです。

 

講 師: 外山 三枝 先生(Diva代表)

 

◆日 時   20111月27日(日) 

◆開 場    13:00

◆講演・質疑  13:30~15:30

◆会 場    宮崎市清水3丁目6-21   宮崎中央眼科病院 2階研修

◆参加費   500円 (会員参加費無料。会員募集中:【年会費】一般1000円、医療系2000)

◆定 員    50名位まで

FAX(0986-52-1011)宮崎統合医療研究会事務局に、お申し込み下さい。 

 

 

統合医療第27回勉強会チラシ正本.pdf
PDFファイル 385.1 KB

第26回 勉強会 8月28日(日)

 

Ⅰ講演名:モンゴルの遊牧民が太った理由

 

近年、都市部の近代化が進んでいるモンゴルでは、生活習慣の変化による肥満とむし歯が激増しています。そして、この波は、8000年前からほぼ変わらない伝統的な生活をしてきたモンゴル遊牧民の生活にも影響を与えています。

日本も経験している生活習慣の近代化が及ぼす影響について、口の健康をテーマに歯科医の私見を述べさせていただきます。

講 師: 柿崎 陽介 先生 (歯科医師、 矯正・小児ひまわり歯科 院長

 

Ⅱ講演名:「①動脈硬化の予防/②がん検診の有用性と限界」

演題①では動脈硬化の起こるメカニズムや心筋梗塞などの話をします。また、動脈硬化の原因として多い高血圧や糖尿病について説明を加えるとともに食事や運動についても解説します。演題②では検診で胃癌や乳癌など早期に発見出来る癌も多くあるにも関わらず、検診を受けずに命を落とす方も多いため検診の有用性と限界について解説します

講 師: 大塚 伸昭 先生(医療法人慶明会 冨吉共立病院)

◆日 時   20128日(日) 

◆開 場    13:00

◆講演・質疑  13:30~15:30

◆会 場    宮崎市清水3丁目6-21   宮崎中央眼科病院 2階研修

◆参加費   500円 (会員参加費無料。会員募集中:【年会費】一般1000円、医療系2000)

◆定 員    50名位まで

FAX(0986-52-1011)宮崎統合医療研究会事務局に、お申し込み下さい。 

 

 

第28回チラシ.pdf
PDFファイル 623.9 KB

 

第25回 勉強会

 

Ⅰ講演名:認知症の正しい理解とその予防法

認知症は高齢者の健康寿命の3大阻害要因の一つです。

講 師: 岡原 一徳 先生 

 ()慶明会 けいめい記念病院副院長/日本認知症学会専門医/脳神経外科医

 

多くの方は、自分は認知症にならない、なりたくないという希望をお持ちでしょうが、65歳を越えると4人に1人が認知症かその予備軍であるというのが現実です。 つまり高齢になると一般的な病気であると理解すべきです。対策としては認知症になるのを遅らせる、なっても困らないようにすることが必要となります。そのためには認知症の正しい理解と予防対策が大切になります。

 

Ⅱ講演名:

「宮崎のスーパーフード『チョウザメ』について」

魚を食べるのが健康に良いことは誰でも知っています。

講 師: 築地 加代子 先生

(株)宮崎活魚センター

 

チョウザメは【魚は好きだけど骨があって食べにくい】【お肉の脂や臭いが苦手で食べられない】【良質なたんぱく質で体を鍛えたい】という方にぴったりのお魚です。

 

美味しいお魚で体内改善を目指しませんか?

◆日 時   20122日(日) 

◆開 場    13:00

◆講演・質疑  13:30~15:30

◆会 場    宮崎市清水3丁目6-21   宮崎中央眼科病院 2階研修室

◆参加費   500円 (会員参加費無料。会員募集中:【年会費】一般1000円、医療系2000)

◆定 員    50名位まで

 

FAX(0985-69-3421)または、各施設担当者に、お申し込み下さい。

第25回講演会
チラシ
201605140935.pdf
PDFファイル 433.4 KB

第24回勉強会

 

講演Ⅰ 「がんに振り回されないための患者力」

      ~実は患者さんたちにできる工夫はたくさんある~ 

      講師 押川勝太郎先生  (善仁会病院医師)

講演Ⅱ 「アーユルヴェーダde簡単健康法」      

      講師 本部暢子先生 (プラーナ・ヨーガ研究会)

●日時 2016年2月28日(日)

●開場 13:00

●講演 13:30~15:30

●会場 宮崎中央眼科 2F研修室

●参加費 500円(会員参加費無料)

●定員   50名位まで

★お問い合わせお申し込み

 事務局 けいめい記念病院 健康支援センター 

  ℡0985-75-1801 Fax0985-36-6514

 

第23回 勉強会

Ⅰ調理実習: 

「かみかみ健康メニュー」

普段料理をしない、料理は苦手、男性の方も安心してご参加下さい。簡単で野菜たっぷりのかみかみメニューを準備しております。

講師: 鷺坂奈緒子先生 (宮崎調理製菓専門学校 管理栄養士)

 

Ⅱ講演名: 

「健康ライフはお口から~生活習慣病と歯の大事な関係~ 」

歯が抜けてしまうと、うまく噛めないことから、肉や野菜等の「しっかり噛んで食べる食品」よりも、パン・ご飯麺類等の「軟らかい食品」に食生活が偏り、栄養バランスが崩れる傾向にあります。また、歯ぐきの腫れや出血を放置することは「歯原性菌血症」といって血管を傷めてしまいます。「人は血管と共に老いる」と言われ

ます。健康で長寿を目指すなら血管を守り食生活を充実させるこが大事です。

講師: 岩切健太郎先生(いわきり歯科 院長)

※食事をとりながら講演を聴いて頂きます。

 ◆日 時  2015年11月14日(土) 

 ◆開 場  10:40

 ◆実 習  11:00~13:30

 ◆会 場   宮崎調理製菓専門学校 (宮崎市大塚町地蔵田4678) 1階調理実習室

 ◆参加費  会員   500円(食材費のみ)

         非会員 1000円(参加費500円 食材費500円) ※食事は全員の方にして頂きます。 

 ◆持ち物   エプロン・三角巾(バンダナなど)・手拭きタオル

          (エプロンのない方は学校で準備しますが、出来るだけご持参ください)

 ◆定 員   調理実習  40名 (先着順) 見学希望者   10名

 ◆締切    10月20日(火)

第22回 勉強会 2015年8月23日(日)

Ⅰ講演名:「音・音楽の力」

講 師:南正覚 文子 先生(音楽療法士)

この世の中に 音・音楽がなかったら、なんと味気ない暗い日々を過ごす事でしょう。障害があっても無くても 音・音楽は私達の人生を豊かなものにしてくれます。身の回りにある音・音楽をあらためてかんじてみませんか?

ヒール靴は避け、軽い運動ができる服装でご来場ください。

Ⅱ講演名:「園芸療法について」

講 師: 郡 一覚 先生((医)慶明会 けいめい記念病院  理学療法士)

園芸療法とは「園芸を手段として心身の状態」を改善する事です。園芸療法の目的はさまざまです。植物を育てることや自然の力を利用して身体的、精神的に良い状態を求めたり、そこなわれた機能を回復することを目的とします。その一部を老人施設における例としてご紹介し、園芸療法の効果や利点についてお伝えしたいと思います。

◆日 時   2015年8月23日(日) 

◆開 場   13:00

◆講演・質疑 13:30~15:30

◆会 場   宮崎市清水3丁目6-21 宮崎中央眼科病院 2階研修

◆参加費   500円 (会員参加費無料。会員募集中:【年会費】一般1000円、医療系2000)     

◆定 員   50名位まで

FAX(0985-36-6514)または、各施設担当者に、お申し込み下さい。

第21回 勉強会 2015年5月24日(日)

Ⅰ講演名:「健康に過ごす為の食事療法」

糖質ダイエット・カロリーオフ・サプリメント・健康食品・・・・私達の周りには様々な情報が飛び交っています。これらの情報を試してみられた方は少なくないと思います。

生活習慣病の予防改善・改善のために今一度ご自分の食生活を一緒に振り返ってみませんか?


講 師:稲次 里美 先生

(都城市郡医師会病院 管理栄養士


講演名:「認知機能低下予防と運動

気になる認知症に対する、一次予防としての運動についての考え方と、生活に取り入れるコツを、実践を通して提案します。


講 師:日吉 眞理子 先生

(けいめい記念病院 健康支援センター 健康運動指導士・認知症予防専門士)


◆開 場    13:00

◆講演・質疑  13:30~15:30

◆会 場    宮崎市清水3丁目6-21   宮崎中央眼科病院 2階研修室

◆参加費   500円 (会員参加費無料。会員募集中:【年会費】一般1000円、医療系2000)

◆定 員    50名位まで

FAX(0985-36-6514)または、各施設担当者に、お申し込み下さい。

「病気と向き合うこころの話」と「カラーマジック *色の不思議」です。

 ぜひご参加ください!

第21回統合医療研究会チラシ.pdf
PDFファイル 411.7 KB

第20回 宮崎統合医療勉強会 2015年2月22日(日)

統合医療第20回勉強会チラシ _2_.pdf
PDFファイル 303.4 KB

第19回 宮崎統合医療勉強会 2014年11月16日(日)


今回のテーマは、「あん摩・マッサージ・指圧の実際」と「痛みの治療とホルミシス」です。ぜひご参加ください。

統合医療第19回勉強会.pdf
PDFファイル 268.2 KB

第18回 宮崎統合医療勉強会

今回の勉強会は、「ホメオパシー”Homeopathy”とは」と「アロマテラピー」です。

ぜひご参加ください。

第18回 勉強会
勉強会のチラシです。ダウンロードして、御利用下さい。
統合医療第18回勉強会 _3_.pdf
PDFファイル 301.3 KB
第18回 勉強会
勉強会のチラシです。ダウンロードして、御利用下さい。
統合医療第18回勉強会 _3_.pdf
PDFファイル 301.3 KB

第17回勉強会

Ⅰ講演名:「温泉療法について」
温泉療法は温泉水を利用した入浴だけでなく、温泉水を飲む飲泉、温水地の自然環境(海、山、樹木に覆われた土地)、気候、地形、その土地の旬の食べ物、種々の物理療法などを組み合わせて総合的に行われます。慢性疾患の療法やリハビリテーション、心身のストレス解消、生活習慣病の療養や予防、健康維持など、さまざまに活用されています。
講 師:鈴木幹次郎 氏
(けいめい記念病院 リハビリテーション科 医師)
Ⅱ講演名:「心理療法について」
心理療法とは、「心身の不健全な状態に対して心理・社会的側面からの治療的働きかけ」を指す総称名です。したがって一口に心理療法といっても、それにはいろいろな考え方や技法があります。その中から今日代表的な心理療法とされる流派の考え方、治療技法を比較しながら心理療法というものについて考えてみたいと思います。
講  師: 高山 巖 氏(宮崎大学名誉教授)
◆日 時   2014年5月25日(日) 
◆開 場    13:00
◆講演・質疑  13:30~15:30
◆会 場   宮崎市清水3丁目6-21   宮崎中央眼科病院 2階研修室
◆参加費   500円
◆定 員   50名位まで

★お問い合わせお申し込み

事務局 けいめい記念病院 健康支援センター 

           ℡0985-75-1801 Fax0985-36-6514

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14回勉強会

 

Ⅰ講演名:「あん摩・マッサージ・指圧について」

講  師:佐藤 正次 氏(九州保健福祉大学総合医療専門学校 鍼灸学科 学科長)

 

足ツボマッサージ、タイ式マッサージ、リンパマッサージ、リフレクソロジー、整体、あん摩、指圧。どの治療が一番効くのでしょう?そもそもこれらの治療、いったい何がどう違うのでしょう?このような疑問についてお話しします。

Ⅱ講演名:「がんと漢方」

講  師:綾部 貴典 氏(宮崎大学医学部 循環呼吸・総合外科学分野 医師) 

 

手術、抗がん剤治療、放射線治療などの西洋医学は、癌細胞を中心に攻撃したり切除したりすることで病気を治します。一方、漢方医学は、病人の免疫力を高めることにより病気を治す、癒す、と考えます。これら両者を、病気の状態、個人の体質に合わせて、適切に組み合わせて治療を行う「がん領域の漢方治療」を解説します。

◆日 時 2013年8月25日(日) 

◆開 場  13:00

◆講演・質疑 13:30~16:00

◆会 場 宮崎市瀬頭2-1-10

     九州保健福祉大学総合医療専門学校 2階学生ホール

◆参加費  500円

◆定 員  50名位まで

◆申し込み FAX:0985-36-6514

※事務局 けいめい記念病院 健康支援センター ℡0985-75-1801